【私立探偵マグナム】シーズン1第15話ネタバレ・あらすじ!マグナムの恋人の裏切りとは?

80年代に放送された『私立探偵マグナム』のリブート版がアメリカで放送されています。

2020年4月から、AXNで日本でも放送が開始しました。

今回は、最新話シーズン1の第13話について、あらすじ、考察をご紹介します。

ネタバレを含みますので、ご注意ください。

【関連記事】【私立探偵マグナム】シーズン1題14話ネタバレ・あらすじ!依頼人はマグナムのファン!?

スポンサーリンク

リブート版『私立探偵マグナム』について

1980年代のアメリカドラマ『私立探偵マグナム』。

リブート版として、2018年版が放送されました。

日本では、2020年4月7日から日本で放送されています。

主人公は、ジェイ・ヘルナンデス演じるトーマス・マグナム。

アフガニスタン帰りの元海軍で、ハワイに移住してオアフ島で探偵業を営んでいます。

戦地で出会ったジャーナリストで、現在は大富豪小説家のロビン・マスターズの屋敷でセキュリティ担当という名目で居候中。

元MI6で屋敷の執事をしているドSな女性ヒギンズ、戦友のヘリコプターパイロットTC(現在は観光業)、射撃手リック(現在は会員制クラブのマネージャー)とともに、事件解決に挑みます。

スポンサーリンク

【シーズン1・第15話】「予期せぬ再会」/The Day Past  Came Back【ネタバレ・あらすじ】

パーティに来ないマグナム…誘拐された!?

屋敷でパーティの準備をするTC、リック、ヒギンズ、クム。 

マグナムが来ないと話していると、リックに電話があり、フェラーリにエンジンがかかったまま、マグナムが消えたと連絡がありました。

フェラーリには血痕もあり、カツモト刑事が捜査に来ます。

最近、戦友の一人ヌーゾを失ったばかりのため、リックがひどく落ち込みます。

マグナムはさらわれて海に。犯人の目的は海底の「金塊」

男2人にさらわれたマグナムは、船の上。

ヌーゾ殺害時に発見され、警察が押収した金塊の眠る場所に連れて行かれ、押収されたのは全部ではなかったと告げられます。

そして、潜るか撃たれるか選択するよう言われ、協力する振りをして潜るマグナム。

海底で一人を倒し、漁師に助けられて、埠頭から電話するマグナム。

逃走したもう一人の男を昔の友達である女性軍人に特定を頼みます。 

犯人はクビになった元CIA。雇い主はマグナムを裏切った元恋人ハンナ

マグナムが殺した男も逃走した男も元CIAで、クビになっていました。

そして、二人を雇ったのは、マグナムが結婚まで考えていた元恋人・ハンナ。

ハンナは元CIAで、マグナム、TC、リックが軍人時代、よく協力して仕事をしていた女性。

リックもTCも、「あの女を一生刑務所にぶちこむ」と怒りを露わにします。

ヒギンズは、マグナムからハンナの話を聞かされます。

「心から惚れて、プロポーズしようとした矢先、捕虜になった。

牢獄からハンナの姿を見て、解放の交渉かと思ったが、敵から封筒(おそらくお金)を受け取っていた。

理由はわからないが、捕虜になったのはハンナの裏切りだった。」 

スポンサーリンク

ハンナは、まだマグナムを愛している…?

逃走した元CIAの死体が発見され、何者かに撃たれていました。

元CIAのクビは偽装で、ハンナ逮捕のための囮捜査だということも分かりました。

リックとTCは、警察に協力し、カツモト刑事と共に金塊を発見します。

その頃、マグナムとヒギンズのフェラーリが、ハンナと手下達に行く手を阻まれます。 

「なぜ裏切った?金か?」と問うマグナムに、ハンナは「違う。複雑なの。」と応えます。

そして、ハンナは「ヌーゾの死には関与してない。今は手を引いて、無駄に命を捨てないで」と言います。

危害を加えずに去るハンナたち。

「どういうことだ?」というマグナムに、ヒギンズは「(ハンナは)あなたを愛してる」と言います。

裏切った元恋人ハンナとマグナムが決闘!撃たれるマグナム

金塊を護送する警察と、協力して護衛しているリックとTC。

パトカーが爆破され、銃撃戦になります。

マグナムは、金塊が積まれたハンナが運転するトラックに飛びのります。

助手席に乗る男を倒し、車内で二人で殴り合い、撃ち合いになります。

最初は優勢でしたが、撃つことができなかったマグナム。

ハンナはマグナムを撃ち、落とされますが、トラックも横転。

しかし、ハンナの姿はありませんでした。

心の傷が開いてしまったマグナムに、優しく声をかけるヒギンズ

入院しているマグナムの元へ、仲間達がお見舞いに来ます。

そして、ハンナは空港、港で手配され、手下たちは死んだか捕まったと知らされます。

リックとTCは、マグナムが今もハンナを愛してることを心配し、ハンナへの怒りを露わにします。

ヒギンズは、マグナムと二人になり、ロビンの屋敷にマグナムが来る時のことを話します。

「ロビンは壊れ物に注意しろと言ったが、意味が分からなかった。でも今日はじめて分かった。知っていたら、もっと温かく迎えた。」

しかし、マグナムは、信じていた人に裏切られたからこそ、

「同情はいらない。ありのまま、素直が一番いい。愛していた人に騙されたから。」と応えます。

スポンサーリンク

【シーズン1・第15話】考察 ~今回明らかになった過去や人物関係~

今回は、ずっと明かされていなかった「マグナムを裏切った恋人」が出てきました。

いつも適当なマグナムですが、時に見せる暗い表情は、結婚を考えた愛する女性に裏切られたから、ということは、これまでにも話に出てきていました。

そして、今回、始めてそれが元CIAのハンナで、マグナムやリック、TCがアフガンで捕虜になったのも彼女の裏切りだったことが明かされました。

ハンナを撃てなかったマグナムと、急所を外してマグナムを撃ったハンナ。

この様子から見ると、ハンナは過去にマグナムを裏切った理由としては、「そうしないといけない理由」があったのかもしれませんね。

・家族を人質に取られている
・自分にとって大きな害がある情報を握られている

おそらくですが、ハンナの裏切りには黒幕がいると思います。

その黒幕がハンナを裏で操っていると予想できます。

今後、この黒幕の正体、ハンナの裏切りの理由など目が離せませんね!

スポンサーリンク

おわりに

いかがでしたか?

今回は、ずっと明かされていなかったマグナムの元恋人の話が出てきましたね。

そして、今後の敵になる予感…!?

最後までお読みいただきありがとうございました。

【関連記事】【私立探偵マグナム】シーズン1題14話ネタバレ・あらすじ!依頼人はマグナムのファン!?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です